Macで使えるSkype用ハードウェアはこちら

2007年04月03日

EMIがDRM無しの楽曲を販売へ!

CNET JapanPC Watchの記事より。
英EMIがDRMなし、つまりユーザーが自由にコピーできる楽曲をAppleのiTunes Storeで販売することが発表されたのだそうです。

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ - CNET Japan
元麻布春男の週刊PCホットライン:Appleが後押ししたDRM無し音楽配信への道

DRM付き楽曲もこれまで通り配信され、形式はAAC128kbps、1曲99セント。
DRM無しの場合はAAC256kbps、1曲1ドル29セントに料金が設定されているのだそうで、これはなかなか良い料金設定だなあと思います。

ちょっとしたプレミアム料金で高音質、DRM無しを買うことが出来るのだから。

まあこれまで通りのDRM付きでもそんなに困ることはないんだけど、たまに「あれ?」って思うことがあったりとかAppleのDRM「FairPlay」での5台縛りに困ったりすることがあるくらいなんだけどね。
それよりも高音質で配信されることの方が嬉しいな。
HDDが足りなくなること必至だろうけど(笑)。

結局さ、自由にコピーが出来るってことになっても音楽を買う層というものは確実に存在するし、常にコピーで済ませちゃう層も確実に存在し続けるわけで、その層のバランスは崩れないんじゃないかなと思うな。
だったら「買う層」に対してきちんとしたサービスをして満足を得られた方が商売としても成功するのではないだろうか。

なんてことを思いつつも今回の発表は日本以外について。
なんだよ、それ。
こないだ発表された「Complete My Album」のサービス(1曲を購入した場合、割安なアルバム料金との差額で残りの曲を入手できるサービス)も日本は除外だしさ。

元麻布春男の週刊PCホットラインでも書いてあるけど、「デジタル放送に対する画一的なコピーワンス制限といい、どうして日本のユーザーはイビツな形でDRMを強要されるのか。」ってマジに思うなあ。
頼むから日本のiTunes Storeでも同様のサービスを早いとこ始めて欲しい。

どうすればいいわけ?
どっかに文句言えば変わるの?
相手はJASRAC?
posted by talc at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | iPod+iTunes関連

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/37642428

EMI、デジタル音楽のDRM撤廃
Excerpt: イギリスのEMIがDRMなしの楽曲販売を始めると発表したそうです。 →記事(ITmedia) で、日本の東芝EMIはどうなのかというと、検討中だそうです。 →記事(ITmedia) 他国の事情..
Weblog: mmkg
Tracked: 2007-04-04 00:37


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。