Macで使えるSkype用ハードウェアはこちら

2006年06月11日

サッカーW杯 アルゼンチン代表 vs コートジボワール代表

さすがに1日3試合観るとキツイっすね・・・。
とはいえ、攻撃的な両チームの対決は無理してでも観たかったわけです。

高い守備意識をベースにしてスピード感のある攻めを見せるアルゼンチンと身体能力と技術の高さをベースに攻めるコートジボワールの真正面からのぶつかり合い。
序盤から攻守にともに素早い展開で観ていて非常に面白い。

でもやっぱアルゼンチンのスタメンにメッシがいないのが残念だなあ。
ま、無理させず、お楽しみは後に取っておくって感じかな。

んでざっくりと試合の感想。

やっぱ攻め合いの試合は見応えあって面白かった。
観る前はもうちょっとアルゼンチンが圧倒するかなと思ってたんだけど、コートジボワールもがんがん攻めて、ホントに互角の戦い。
こういう試合を観たかったんだよ。

アルゼンチンはリケルメからの展開でクレスポ、サビオラと2トップそれぞれ1得点という理想的な試合運び。
もちろんそれだけじゃなく時間の使い方とか、綺麗で素早いパス回しとか豊富な運動量とか持ち味をちゃんと出してきて良い感じ。
ただ後半になって脆さが見えたのが気になるなあ。

コートジボワールもドログバが圧倒的な能力を見せて1得点、アルゼンチンに対して気持ちで負けることなく積極的に攻めてこれまた良い感じ。
ただし、時間帯によってはプレーが雑になったり、ドログバ以外の選手が決定的チャンスを決められなかったりとグループリーグを勝ち抜くには不安な要素もちらほら見えちゃったかな。

結果は2対1でアルゼンチンの競り勝ち。
だけど正直どっちが勝ってもおかしくなかった。

どこが抜け出すかわかんない死のグループ。
次の試合が凄く楽しみです。


■おすすめ
杯(カップ)―緑の海へ
沢木 耕太郎
4101235163


ワールド・フットボール・アンセムズ
オムニバス レフトブラウン クインシー・ジョーンズ
B000EWBC8I



楽天市場はサッカー応援グッズも安い!NIKEやaddidasが驚異の最大98%OFFに

2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト


posted by talc at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | WorldCup2006

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

【W杯】リケルメに王者の風格、アルゼンチン粘り勝ち
Excerpt: ドログバは驚異的な身体能力でワールドカップ初ゴールを決める Copyright
Weblog: SHODO(衝動)
Tracked: 2006-06-11 10:49


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。